レビュー

iOS14で変わったCarPlayをチェック


これまで使っていたナビの地図アップデートが面倒で、そろそろCarPlayやAndroid Auto対応のナビが欲しいなぁと思っていたのですが、近所のイエローハットでKENWOODのDPV-7000というCarPlay・Android Autot対応のカーオーディオが、現品限りの商品が かなり安く売っていたので迷うこと無く購入を決めました。

そんなDPV-7000は、2018年に発売されたカーオーディオですが、後継機が販売されることなく生産終了となったのでした。

今回は、DPV-7000のレビューではなく、DPV-7000で利用できるCarPlayについて、iOS14になったのでiOS13とどこが変わったのかを簡単にレビューします。

レビューの前に・・・CarPlayのスクショの撮り方

今回のレビューに際し、CarPlayのスクショってどう撮るんだろうと思って調べてみたら、接続しているiPhoneでスクショを撮ると、iPhoneのスクショと一緒にCarPlayのスクショも同時に撮ってくれるということがわかりました。iOSのバージョン関係なく可能なので、CarPlayのレビューをされることがある方はぜひ試してみてください。

壁紙の設定が可能になった

iOS14にアップデートしてCarPlayで大きく変わったのが、壁紙が設定できるようになったところ。

iOS14にしたiPhoneを接続したときのCarPlayの画面
iOS13.7のiPhoneを接続したときのCarPlayの画面

これまでのCarPlayの画面は、背景はシンプルな黒背景でしたが、iOS14のCarPlayでは、接続後に標準で壁紙が設定されています。

iOS13とiOS14での設定を比べるとわかるように、iOS14の設定に「壁紙」が追加されているのがわかります。「壁紙」をタッチすると、設定可能が壁紙がリストされています。

壁紙の選択画面
壁紙を選ぶとプレビューが表示される

好きな壁紙を選んで、設定をタッチすると、壁紙が変更されます。あらかじめ用意されている以外の壁紙は設定できませんが、これまでの無地だけでなく選択可能になったのは嬉しいですね。

Google Mapのダッシュボード表示は健在

iOS14のCarPlayは、目に見えるところでのアップデートは壁紙だけですが、車の施錠(現在は一部の車種に限る)対応やApp Clipsへの対応などもあり、施錠はさすがにDPV-7000ではムリですがApp Clipsについては試す機会があったら、またレビューしようと思います。


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA