Travel Tips ナレッジ

春に夏と秋の花が楽しめる宮古島、ひまわり畑とコスモス畑に行ってみた


なんでも揃っていて、いつでも好きなときに好きなものを好きな移動手段で買いにいくことができる東京から離れて、自然に囲まれ心豊かに過ごせる宮古島に移住してから4ヶ月が過ぎました。平日は、自宅でテレワークをしながら、月に数回だけこの宮古島に構えているサテライトオフィスに出向いて仕事をしています。

さて、東京で夏日の情報を聞くようになった4月半ば、ここ最近の宮古島は夏日前後の日が続いていますが、北寄りの風で、体感温度は25℃を下回ることもしばしばあります。それでも、夜が少し蒸し暑く感じる日もあり、少しずつ夏に向かっている宮古島では、4月4日に海開きが行われました。私も週末の晴れている日は、東洋一のビーチと言われたことのある与那覇前浜ビーチに水遊びに行っています。

そんな宮古島ではありますが、まだ夏の季節ではないものの、夏の花の代名詞でもある「ひまわり」が満開のところがあります。そして不思議なことに、本土では秋の花の代名詞でもある「コスモス」が満開の所もあります。夏の花と秋の花が同居するこの宮古島。ご紹介します。

ひまわり畑はどこ?

この季節に見頃のひまわり畑は、宮古空港からは車で10分ほどのところにありますが、若干わかりにくいので、初めての方には一番わかりやすい道順を紹介します。

宮古空港出口を右折し390号線を目指します。390号線まで来たら左折し390号線で下地地区へ向かいます。しばらく走ると左手にファミリーマートが見えてきます。ファミリーマートの手前を左折して道なりに進むと、エコパーク宮古と併設している宮古島未来エネルギーの建物が見えてくるので、建物が見えたら右折し道なりに進みます。道なりに進むこと2〜3分で、右手にひまわり畑がみえてきます。元は農道だったところを区画整理で道が整備されていますが、駐車場はないので周囲の迷惑にならないようにしてもらえると嬉しいです。

目的地までは周りはサトウキビ畑などが広がるのどかな場所を抜けると、黄色の絨毯のように一面に広がるヒマワリ。この畑の中には入ることができないので、ヒマワリに囲まれるような絵が撮れませんが、地元では有名な場所で、この日も多くの人が訪れていて、思い思いに写真を撮っていました。

宮古島では、サトウキビ畑の収穫後に土壌を整えるためひまわりを植えることがあるようで、この場所ももともとはサトウキビ畑。時期が来ると再びサトウキビにかわるので、この時期が見頃なのかもしれません。

コスモス畑はどこ?

コスモスといえば、本土では秋の花の代名詞ですが、ここ宮古島でコスモスを愛でることが出来る「長崎たまご園ハーブ畑」という所があります。

宮古空港からは車で20分ほどのところで、宮古空港出口を右折し390号線を目指します。390号線まで来たら左折し390号線で下地地区へ向かいます。しばらく走ると左手にファミリーマートが見えてきますが、そのまま直進。左手に郵便局が見えてきたところの先で信号があり、左折レーンと直進レーンがあるので、直進レーンに入ります(ここ間違えやすいので気をつけて)。信号を越えると県道191号線に入ります。県道191号線を道なりに進んでいくと、宮古島 東急ホテル&リゾーツの案内看板が見えるのでそこを左折して県道235号線(保良上地線)に入り、1分ほどで左手にコスモス畑が広がっています。さきほどのひまわり畑からだと、最短で車で7分ほどで着きます。

コスモスには、夏に咲かせるコスモスもあるようなので、もしかしたらこの品種は夏に咲かせるものなのかもしれませんが、とはいえ秋のイメージのあるコスモスを夏間近の宮古島で見られるとは思いもしませんでした。

さて、ここのコスモス畑は、中に入ってコスモスをみることができます。入園の際には、入口にこのような看板があるので、100円を入れて入園してくださいね。入園と言ってもフラワーパークのようなものではなく、畑の1区画を歩けるようにビニールシートが敷かれていて、そこを歩いて見てまわることができます。

このコスモス畑の隣にはハーブが育てられており、ハーブを混ぜたハーブ蜂蜜とハーブを餌として食べて育った鶏の卵が販売されています。蜂蜜は500円、卵は250円です。蜂蜜と卵を買ったら、畑の方が「好きなだけネギを持っていきな〜」と畑に呼んでいただいて、袋いっぱいになるまで島ネギを抜かせてもらいました。

長崎たまご園さんのハーブ蜂蜜は、めちゃうまです。ハーブの香りがとても良くて、超おすすめです。ぜひコスモスを見に行った時には、買ってみてください。本当におすすめですので^^

お約束の与那覇前浜ビーチと星活写真

撮影したこの日は、気温23℃、北東の風が少し強かったのですが、なんとなく毎週末のお約束になったかのように、この与那覇前浜ビーチへ出向いて、水遊びをしてきました。宮古島の海はどこに行ってもこんな感じで、入ると「ここってプールじゃ無いよね?」と言いたくなるくらい抜群の透明度です。宮古島に来たことがある人なら、必ず1度は訪れたことのあるビーチだと思います。私は、ビーチの駐車場側ではなく、隣の前浜港側の駐車場に車を停めてビーチに入ります。前浜港側は人も少なくソーシャルディスタンスを保つにも十分なところです。

最後はこちら。
宮古島に来て以来、買い物を楽しんだりすることが出来なくなったので、すっかり星活が趣味になってしまい、この日も海遊びをしてからコスモス畑でコスモスを愛でた後、日が落ちて暗くなった頃を見計らってさきほど紹介したひまわり畑へ行き、星空撮影を少ししてきました。

春に夏の風物詩と秋の風物詩がいっぺんに楽しめる宮古島。まだまだ知らないところが沢山ありそうなので、見つけたときには報告します。

大変な時期が続き、離島への渡航制限も出ている状況ですが、少しでも移動が出来るような頃になったときには、この自然豊かな宮古島にもぜひお越しください。

それでは!

参考情報

長崎たまご園 Twitter:https://twitter.com/qy5zrktpZSzXzJG

関連記事


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA