レビュー

韓国ドラマ「愛の不時着」が好きすぎて、「オリーブチキンカフェ」へフライドチキンを食べに行った話


ネットで話題になっていて、Netflixの「今日のTOP10リスト」でほとんど毎日のように不動の1位(2020年7月当時)をばく進していた「愛の不時着」。第一次韓流ブームには乗れず、第二次韓流ブームでKARAと少女時代にドハマりした以降、韓流ドラマや音楽には手をつけずにいたのですが、ドラマ設定が気になって仕方なく、1話だけとりあえずみてみようと思い視聴したら、完璧にドハマりしてしまい、既に2巡目(1巡目のあとに知人に勧められて「アルハンブラ宮殿の思い出」をみた)に突入後、最終話を見終わりましたw

そんな「愛の不時着」のドラマの内容については、韓流好きの諸先輩方がたくさん書いているので、ここでは触れません。今回は、ドラマの中で頻繁に出てくるチキンが気になって仕方なく、そんなチキンを食べに行った話です。

「愛の不時着」をみているとケンタッキーフライドチキンに走って食べに行きたくなるくらいチキンが食べたくなるのですが、ケンタッキーフライドチキンとはまた違う、衣がサックサクに見える「あのチキン」が気になってしかたなく、韓国に行くことがあったら絶対に食べようと心に誓っていたフライドチキン。

気になりすぎて、調べてみたところ、bb.qという店舗のチキンであることが判明(ドラマの中でもロゴがあります)。さらに調べていると、なんと日本に3 店舗出店されているという事実がわかりました。

オリーブチキンカフェ(bb.q OLIVE CHICKEN café)公式サイト
https://bbq-olivechickencafe.com/

オリーブチキンって言うのか!ということがわかったのですが、驚くことに地元からほど近い千住大橋駅前のポンテポルタにも出店されていることがわかり、これは行かなければダメでしょう、ということで、店内飲食は今の時期ちょっと不安もあるので、テイクアウト購入を決めました。

いざオリーブチキンカフェへ

オリーブチキンカフェ千住店は、千住大橋駅前にある「ポンテポルタ千住」の1Fにあります。

bb.q OLIVE CHICKEN cafe ポンテポルタ千住店
https://bbq-olivechickencafe-senju.com/

店舗の前でパシャリ

モール内のイートイン店舗ということもあり、店舗自体はそこまで広くないのですが、カウンター席とテーブル席があり、お昼時も過ぎていたこともあり、そこまで人も多くなく、店内での飲食も考えたのですが、昨今の状況もありテイクアウトにしました。

注文は完全無人でタッチパネルでの注文。チキン単品、チキンのセット商品、バーガー類のセット商品、サイドメニューなどと分かれていました。

今回は、チキンのセット「ヤンニョムチキンコンボ」を注文。内容は、

  • ヤンニョムチキン 1ピース
  • チキンフィンガー(3本) ★ソース小1個
  • フライドポテトRサイズ
  • ハニーブレッド 1個
  • お好きなドリンクRサイズ

ヤンムニョチキンは、サイトではこのような説明があります。

ヤンニョム(薬念)とは韓国を発祥とする医食同源の思想に基づいた甘辛いソース。
bb.qオリーブチキンカフェでは「コチュジャン」「梅肉」「ブルーチーズ」「ケチャップ」を原料に世界25ヵ国bb.qブランドの本格的なヤンニョムソースをお楽しみ頂けます。
ザックザクのチキンに絡む甘辛ソースはやみつきになること間違いなし!!

オリーブチキンカフェフードメニュー(https://bbq-olivechickencafe.com/menu/

チキンフィンガーは私の大好きなササミ。ドリンクは好きな物を選べるとのことで、オススメなのか、選択肢の最初の方にあった「生搾り レモネード スパークリング」を選びました。こんな説明があります。

「フライドチキンに最も合うドリンク」として独自開発されたこの自家製レモネードは、炭酸タイプの「スパークリング」が不動の人気NO.1!!

オリーブチキンカフェドリンクメニュー(https://bbq-olivechickencafe.com/drink/

なんとなくこれじゃね?と思って選んだ「生搾り レモネード スパークリング」はどうやら人気No.1のドリンクだったようです。
チキンフィンガーのソースは、相方がヤンニョムソース、私はハニーガーリックソースを選びました。

ただ、なんとなく足りないかも?と思ったのと、ドラマでもみんなが食べていたのを思い出して、「オリーブチキン」を1ピースそれぞれ注文しました。オリーブチキンの説明は以下。

香ばしい風味と、ピリッと残る辛さがクセになる軽やかな味わいのフライドチキン。

オリーブチキンカフェドリンクメニュー(https://bbq-olivechickencafe.com/drink/

期待は高まるばかりです。そして、 会計へ。

支払い方法は、現金以外に各種クレジットカードが使えます。QR決済については、私が見た限りでは無かったのですが、もしかしたらできたかもしれませんが、わかりませんでした。今回はカードで決済にして、番号がついたレシートを受け取って、番号が呼ばれるまで待つことに。

店内はそこまで人が居ませんでしたが、テイクアウトをする人が多かったのか、7〜8分ほどしたところで番号を呼ばれたので商品を受け取ります。受け取り口にはフォークやスプーン、おしぼり、紙ナプキン、ストローなどがあるので、必要な物を自分で持って行きます。マクドでは全て袋に入れてくれていたりするので、取り忘れには注意。実は、ストローが入っていると思い込んで、駐車場に戻って始めてストローが無いことに気づいて、相方に取りに行ってもらいました💦

開封の儀、そして実食

この箱に「ヤンニョムチキンコンボ」一人前が入っています。開けてみます。

手前左が「ヤンニョムチキン」1ピース。その隣が「チキンフィンガー」3ピース。左奥が「フライドポテト」。右奥が「ハニーブレッド」。ソースも箱の中に入っていたのですが、箱から出してあるものが、私が選んだ「ハニーガーリックソース」。

チキンをみただけで「愛の不時着」を思い出して、テンションがどんどん上がってきますw

そして肝心のお味は。。。

美味い!!!

の一言しかありません(ごめんなさいw)。チキンフィンガーは、サクサク衣でそのままでもしっかり味があり、付属のソースが無くてもじゅうぶん美味しいです。付属のハニーガーリックソースは、蜂蜜の甘味を感じつつ、ニンニク強めの旨みたっぷりのソース。何本もチキンフィンガーを食べるときに、味を変えたいときに食べると良いアクセントになる感じです。

ヤンニョムチキンは、ヤンニョムソースがなんともいえない旨みで、見た目は辛そうに見えますが、全然辛くありません。甘辛ソースの甘味のほうが強く感じたのですが、クセになりそうな味です。

チキンはもちろん美味しくいただいたのですが、太い皮付きのホクホクポテトがとても美味しかったのが印象的でした。

ハニーブレッドは、柔らかなパンの切り込みに蜂蜜とバターがはさんでありました。買ってから少し時間が経ってしまったので、パンの中にしみこんでしまって、いい絵は撮れませんでしたが、蜂蜜とバターがイイ感じチキンで染まった口の中を、リセットしてくれます。

さて、続いて別で買った「オリーブチキン」です。が、実はもうこのセットだけで十分おなかがいっぱいで、「オリーブチキン」はおなかにきつかったのですが、あっさりしている中にピリッとした辛みがあり、とても美味しくいただき、すっかりおなかいっぱいになりました。

個人的には「オリーブチキンカフェ」のチキンは、衣のクセがないので何本でも行けそうな感じなのと、ジューシーな肉質があまり好きではない私にとっては、肉質しっかりのこちらのほうが好みかもしれません。

チキン系ファストフードの雄でもある、「ケンタッキーフライドチキン」は、あの独特の衣が美味しいのですが、数を食べようとすると途中で飽きてきてしまうんですよね。もちろん大好きなんですけど。

そして最後にドリンク

説明にもあったように、この「生搾り レモネード スパークリング」は本当に美味い!この店オリジナルのレモネードの炭酸版。チキンを食べているときの口直しだけでなく、暑い夏空の下でこれを飲むとうまさ倍増です。

勤務先には、韓国から来たエンジニアスタッフがいるのですが、彼らとのチャットでここに行った旨を話したところ、彼ら曰く韓国と同じ味で嬉しかったと言っていました。日本人の口に合わせて味を変えるチェーン店も少なくない中で、韓国と同じ味が食べられたというだけでも嬉しいですね。

そんな地元にできた「オリーブチキンカフェ」ですが、コロナが落ち着いた時には韓国に行って、「愛の不時着」の撮影で使われたお店で食べたいと改めて心に誓ったのでしたw

「オリーブチキンカフェ」は都内では、大鳥居駅前と笹塚駅前、そして千住大橋駅前にあります。近くの方はもちろんですが、離れていてもわざわざ足を運んだとしてもオススメできる韓流ファストフード店です。ぜひ行ってみてください。

それでは!


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA