サイト制作

Jimdoで使えるモリサワフォントで文字詰めができるのか実験してみたよ


先日、Facebookを眺めていたら、たまたまシェアされていたこんな記事がありました。

https://ics.media/entry/14087/

かつては、HTMLやCSSのことばかりやってきていたのに、現場からはすっかり遠のいてしまったこともあり、このあたりを全くキャッチアップできていませんでした。そして、これを読んだすぐ後に、いわゆるウェブフォントサービスでfont-feature-settingって適用されるのだろうか?という疑問を覚えました。

いてもたってもいられなくなったため、早速自分のサイト(Jimdoで制作してます)で試してみることにしました。

https://www.t-studio.com/2016/12/15/jimdo-font-test1/

以下のイメージは、実際に段落にfont-feature-settingを適用していない文章と適用した文章を比較したものなのです。この文章に定義されているフォントは、Jimdoの「スタイル」設定でサイト内の本文を「UD新ゴL」にしたものです。

コンテンツの追加で「文章」を選び、文章を流し込んだ後に、ウィジェットからpタグにたいしてstyle属性でfont-feature-settingを定義しています。

文章にfont-feature-settingを設定していない文章と設定している文章を比較している画像。結構詰まってますね。

文章にfont-feature-settingを設定していない文章と設定している文章を比較している画像。結構詰まってますね。

文字詰めなし、ありを見比べるとすぐにわかるのですが、句読点の余白だけでなく、各文字の間がそれぞれイイ感じで詰まっています。サンプルサイトではスタイル属性で付与していますが、ヘッダー編集機能を使って、グローバルに文字詰めの指定をすることも、もちろん可能です。

サンプルテキストの上段が詰めなし。下段が詰めあり。

サンプルテキストの上段が詰めなし。下段が詰めあり。

サイトでも紹介した詰め具合がわかる拡大画像なのですが、font-feature-settingを設定した文章では、この範囲だけでも1文字強分、文字が詰まっているのがわかりますね。

Jimdo Pro / Jimdo Businessお使いの方で、モリサワ日本語フォントを指定されている方は、ぜひ試してみてはいかがですか?


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA